• ABOUT US

ママ応援プロジェクト「mama55(ママゴーゴー)」は
「ママがもっと楽しく自分らしく、
働ける場所を提供するプロジェクト」をコンセプトに
世田谷区を拠点として全国の働くママを応援しています。
ちょっとした空き時間を利用して働きたい、
子育てに追われて諦めていた仕事をまたやってみたい、
スキルを生かした仕事をしてみたい、子供連れで働きたいなど、
ママが育児と無理なく両立できる仕事を提供します。

MESSAGE

1人でも多く輝くワーママを増やすこと。
それが私たちの存在する理由。

ずっと会社員で働いてきて、突然妻を亡くして、自分の中でリセットが必要だったんだと思います。育児もずっと手伝っている気でいたけど、実際シンパパになったら家事も育児も全体の2%もやってこなかったことに気付きました。

だから、世の中の奥様方の大変さが人一倍身に染みました。働きながら子育てする大変さは想像を超えるもので、今だって自分でちゃんと出来てるとは思っていません。それがママ応援プロジェクト事業を亀山と一緒にやろうと思った一番大きな理由です。社会貢献の意識が強かったのかもしれません。

少しでも家庭とは別の社会との繋がりが持てることはママが孤立しないためにも大事だと思っています。子育てが一人でするものでないように、子育て中の働き方も助け合いの上で成り立ってていいと思うんです。

今後のママ応援プロジェクト(mama 55)の目標は、存在し続けることです。拠点を増やして、1人でも多く輝くワーママを増やすのは事業としてのFACTに繋がると思っています。そして、それが家族の笑顔に繋れば、私たち事業の価値がはっきりと見えた時じゃないでしょうか。

IVORY 代表 中川敬康

働きながら子育てするって、
本当にすごいことで、めちゃくちゃカッコいい。

私自身が子育てしながらフルタイムで働くのがしんどかった時期があるんです。毎日子供も自分も成長でしかないはずなのに、体力や精神が追い付かなくて心が疲れてしまう。女性って、ママって、役割が多い分、毎日自分と戦っているんです。

だけど、その理解をパートナーに求めても女性の心って埋まらないんですよ。だから、余計にしんどい。働きながら子育てするって、本当にすごいことで、めちゃくちゃカッコいい。

おはよう!って、出勤して、朝からお疲れ様の気持ちを込めて、肩をトン!と叩き合える。そんな戦友が家族以外のところにあっても良いじゃないですか。毎日を頑張れるのは守りたい大切なものがあるからで、自分のためだけに頑張れる人ってそんなにいないものです。職場までもが戦場である必要はないし、スタッフの気持ちに寄り添える居場所であっても良いと思ったんです。

ママ応援プロジェクトでは、仕事も子育ても生き方の姿勢も多種多様です。だけど、働く理由はみんな同じなんですよ。働くことが好きなんです。本気で働いて、本気でママしてる。有難いことに、それが私たち事業の一番の魅力だと感じています。

IVORY 副代表     

mama55 代表 亀山祥子